ハラスメントとは?その種類と現状の問題について

ハラスメントの種類について

ハラスメントとは、嫌がらせの事であり、多くの場合、男女、あるいは会社内での立場を利用して行われる嫌がらせの事を指します。
その種類は、状況によって様々なものが存在しており、

  • 男女間での性的な嫌がらせであるセクシャルハラスメント
  • 研究の現場で起こる嫌がらせ
  • 職場での力関係によって起こるもの
  • 性に関する固定観念で起こるジェンダー的なもの
  • キャンパスの人間関係で起こるもの
  • 医師や看護師による患者や患者の家族に対する心無い発言や行動
  • 言葉や態度や身振りや文書などによって働く人間に対して肉体的・精神的に追い込んで職場を辞めざるを得ない状況に追い込むもの
  • 飲酒の強要やイッキ飲みの強要
  • 喫煙者がたばこを吸わない人々に対する不法的な行為

などがあります。

全35種類の○○ハラスメント一覧も参照

これらの嫌がらせは人間関係から起こるもの、行動がどのような影響を及ぼすのかを考えずに実行する事で起こるケースが多いです。
その為、問題を解決するには、どのような行動や発言が相手を傷つけるのかという事を学ぶ必要性があります。

ハラスメントは増加傾向にあり社会問題になっている

種類は増加傾向にあり、職場や学校や病院など多くの人間が集まる場所で様々な性格をした人間がいますので、どうしても歪みが生じてしまいますが、群衆や一個人が行動や発言をエスカレートさせる事で事態は悪くなってしまい、会社を辞めたり、引きこもりの原因になったり、自殺の遠因になったりと、ハラスメントは社会的な問題になっています。

嫌がらせの原因を取り除く事で、最悪な状況を脱する事が可能ですので、企業や学校や病院などは嫌がらせを受けている被害者が相談し易い環境を作り、嫌がらせが生じた場合に様々な対処を施していく体制作りが求められています。

嫌がらせは人間関係の悪化がエスカレートしたり、職場環境の悪化が要因になってエスカレートしたりしますので、人間関係の修復が可能かどうかを考えて関係改善を行うのも良いでしょう。

嫌がらせを受けるという事がどのような悪影響を与えるのかを嫌がらせをしている側に知ってもらう事も大切です。
悪影響の内容を知ってもらわないと、その場で治まっても、同じ人が他の場所で同じ事をして、さらに被害が拡大してしまう恐れがあります。

近年では、会社の場合、ハラスメントが起こった時に停職や懲戒免職にする所が増えており、社会的制裁で対応するケースが増加しています。
このような対処方法は、一時的には解決しますが、会社内の問題を根本的に解決したとは言えず、再び同じケースが発生する事もあります。

職場環境や病院・学校の環境を風通しが良くしていくこと

被害者の相談窓口を作り、可能であれば、加害者の会社内での配置転換とハラスメントに繋がる行動や発言を行わないようにする事が必要です。
ハラスメントが行われない環境作りをするには、職場環境や病院・学校の環境を風通しが良くしていく事です。

お互いに意見を言える環境にする事で、死角を無くす事ができ、組織全体だけでなく、外部との連携で問題が発生した時に解決の糸口を見つけ、陰湿な状況を生み出せる雰囲気を無くせます。

人間関係以外で起こる状況に関しては、喫煙や飲酒によるものが大半です。
これらは近年条例で場所によって喫煙が出来る所と出来ない所を分けたり、条例に違反をしたら罰金が課せられたりするようになってきており、企業側も喫煙スペースを設ける事で改善の兆しが見えてきています。

飲酒に関しては、学校内や職場内で起こった事は専門のチームや第三者機関などによって問題を洗い出し、解決するようにルール作りを徹底させる事が一般的になっており、問題解決に繋がりつつあります。

嫌がらせは放置しますとエスカレートしていきますので、出来るだけ早い段階で対策を練り、人々に悪影響に関して知ってもらう事で解決に繋げる事が可能です。